サイボーグ化された蛾が気になる!

2008 / 04 / 08

ニュースサイトで見つけたこの記事、
「科学の進歩もココまで来たか…」と思わず
言っちゃいそうなニュースです。

犬や馬、イルカなどのある程度、知能を持った動物は、
人間の動きや言葉を理解して、命令する事が出来ます。

しかし、虫などの昆虫は、脳自体も小さいし、とても
人間が操る事なんて、到底出来ないだろう、と私は、
思っていたのですが・・・、

米国防総省の国防高等研究計画庁(DARPA)の支援を
受けた科学者たちは、それを成功させたそうです。
(下記サイトに動画もありますので、見てみて下さい、凄いですよ )

「サイボーグ化された蛾」が操作に従って飛ぶ動画
(WIRED VISION)

米国防総省の国防高等研究計画庁(DARPA)の支援を受けた科学者たちが、超小型機械システム(MEMS)を組み込んだ「サイボーグ蛾」を成虫まで生かすことに成功した件について、先日お伝えした(日本語版記事)。

[この過去記事によると、超小型機械システム(MEMS)を、変態の早い段階で昆虫の体内に移植。「筋肉に直接与える電気的な刺激、ニューロンに対する電気的な刺激、コウモリを真似た超音波パルスの発射、(または)フェロモンの放出」を通じて昆虫を遠隔操作し、「マイクやガスセンサーなどのデータ感知装置を1、2個搭載し、情報を送り返す」サイボーグ昆虫を作ることを目指している。]読んだだけでは信じられなかった人は、『New Scientist』が作成したこのビデオを見て欲しい。研究はまだ初期段階だが、科学者たちは、この興味深い研究分野である程度の成果を上げたようだ。

皆さんリンクにある動画、ご覧になられましたか?
ラジコンのように生きている虫を操ってますよね。。

虫をサイボーグにするなんて、まるで映画のようですね。

そして、記事の最後の方には、ハトでの制御にも成功したとか、、、
なんだか、倫理的な所で、あまり良くない気もしますが、
この研究のその後が気になります!