トップページコミュニケーター淳子(あつこ)の「ココに気をつけて♪」
※東北地方太平洋沖地震にて被害を受けられた皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
  現在の状況を鑑みまして、3月分の更新は、自粛させて頂いております。

コミュニケーター淳子(あつこ)の 「ココに気をつけて♪」

今月のコラム

第3回 花粉症に気をつけて♪

     2月も終わりに近づき、少しずつ暖かい日が増えて来ました…
それと同時に出てくるのが、そう 花粉症!!(特にスギ花粉)

今年のスギ花粉飛散量予想は、例年(過去10年間の平均値)と比べて
・関東以北は2〜6倍     ・関東・東海は7〜8倍
・近畿では、なんと10倍!  ・中国四国は2〜7倍
・九州では2倍程度
になるそうです。数字を見ただけでもムズムズしちゃう。
  で、なんでこんなに多いの!?と思って調べてみると…
「花粉の多い年」と「少ない年」は交互に来るため、花粉の少なかった昨年より 2011年の飛散量は増えるだろう、と予想されてたみたい!それに加え、昨年夏の日照時間が長かった事・平均気温が高かった事・
雨が少なかった事などが、ここまで増えてしまった原因のようです。

今では1964年にスギ花粉症患者が報告されて以来 患者数は増え続け、今
日本人の約5人に1人がかかっているという、まさに「国民病」。
私も、ここ5年程 苦しめられています(涙)
(某飲料会社さんの調べでは、毎年400万人以上の方が“花粉症デビュー”
している可能性があるとのこと…)

そんな花粉症は 体内に蓄積された花粉の量が自分のキャパ(限界量)を越えると発症します。
つまり、飛散量が多い今年は 今まで発症しなかった方も要注意なんです!!

  そこで 今回は、これからの季節をより快適に過ごせるよう
『花粉症に気をつけて♪』をテーマにお送りします
“まだ花粉症になっていない方”から“すでにお悩みの方”まで、
気をつけて頂きたいポイントをご案内しますので、
よろしければご覧ください♪
体の免疫力を上げる事!
  年々増加する花粉症の患者数ですが、最近は 小学生や乳幼児にも症状が出ているそうです。。
発症しやすくなった理由として、日本に杉の木が多いことはもちろんですが
・免疫力の低下(ストレス・偏った食生活・睡眠不足 etc…)
・都市化(アスファルトやコンクリートの増加)
など、普段の習慣や生活環境も関係しているみたい。
(アスファルトが多いと、花粉が土に吸収されません。風などで何度も空中に
巻き上げられることで、私たちの体内に入る確立も上がってしまいます)

生活環境は、思い切って都心部から田舎へ引っ越しでもしない限り、大幅に変えるのは難しいでしょう。。
そこで!体の免疫力を高めて花粉症になりにくくする 又は 発症しても
症状を軽くするための方法を、ここではいくつかご紹介します! !

  バランスの良い食事を心がける。
  栄養の偏った食事は花粉症にもよくないです。
代謝がうまく行かず、免疫機能の中心的な存在である白血球の活動の妨げとなるからです。
免疫力を高めるに ビタミン・ミネラル類やポリフェノールを多く含む野菜などを
しっかりととりましょう!。
甘いものや動物性たんぱく質(高たんぱく)や脂肪を取り過ぎないように注意しましょう。
  質の良い睡眠を取る。
  睡眠不足が続くと、自立神経が失調気味になり、花粉症の症状がひどくなる傾向があります。
そこで・・深く上質な眠りが取れるようにいくつか方法をご紹介します!
夕方以降はカフェインを控える
カフェインの覚醒効果は有名ですが、その継続時間は5〜7時間と意外に長いんです。
なので、23時に就寝するのであれば、最低でも18時、できれば16時以降は コーヒーや
紅茶・栄養ドリンクなどカフェインの多い飲み物を摂らないようにしましょう。
就寝前のパソコンやゲームは控える
寝つきを良くするためには、「メラトニン」という睡眠を促すホルモンが、就寝の2時間前から
分泌されると良いそうです。明るい光を見るとメラトニンの分泌が阻害されますので、
就寝前は できるだけテレビやパソコンに向かうのを控えましょう。
(私もネットサーフィンをしていて気づけば午前2時、ということがあります…反省!)
ウィークエンド・シエスタ
休日は、日頃の寝不足を解消しようと つい遅くまで寝てしまいがち。でも そうすると、
夜寝る時に先ほどの「メラトニン」が分泌されず、寝つきが悪くなるそうです。
いつもと同じ時間に起きて、その後お昼寝をする『ウィークエンド・シエスタ』なら、
朝の時点でメラトニンの分泌がリセットされるので、夜もきちんと眠くなるそうですよ!
  飲酒・喫煙を控える。
  実を言うと、一番確実な免疫力UPの方法は 禁煙なんです!ただ、すぐに辞められる
なら苦労はしないですよね(苦笑)。いきなり完全に禁煙してしまうと、逆にストレスが
溜まりそうですし…。そこで、本数を減らす努力と共に、喫煙によって損なわれる
ビタミンCを、できるだけ野菜や果物から摂るようにしましょう。
(ビタミンCは免疫強化の基になります)
また、「お酒は、適量であれば健康に良い」という説は有名ですよね。確かに日本酒や
ワインなどは、免疫力を高め ストレスを緩和するという効果があります。
もちろん、過ぎれば毒になりますので ほろ酔い程度で止めておきましょう♪
  副交感神経を刺激する。
  体内には【交感神経】と【副交感神経】があり、それが切り替わる事でバランスを
保っています。【副交感神経】が優位になるのは 体がリラックスしている時で、
体内のリンパ球が増え 免疫力が上がります。ここで手軽に副交感神経を刺激
できるのが『爪もみ』と言われています!(私は信じています。)
爪の付け根の両側を、親指と人差し指を使って 少し痛いくらいの力で10〜20秒ほど
モミモミ。これを1日3回ほど行います。足の指でも良いですよ!1回が2分位なので、
お仕事の合間などにいつでもできるのが良いですよね。(お金もかからないし♪)
※薬指は交感神経を刺激してしまい逆効果とも言われます。できるだけ もまないようにしましょう。
  汗を出しましょう!
  汗をかくと、 免疫力UPと同時にアレルゲンを体の外に出すことができるので、症状の軽減に
繋がります。入浴や軽い運動で、1日1回は汗をかくことをオススメします!

お医者様に見てもらいましょう!
  スギ花粉の症状が出始めるのは だいたい2月。流行時期が重なるインフルエンザや
風邪と間違ってしまう方も多いようです。鼻や眼・のどに違和感を感じたら、
今の時期は花粉症も疑って お医者様に見て頂くと安心です。症状にあったケアをして頂きましょう!

また、病院では『自分が何の花粉に反応しているのか?』を調べることもできます。
『花粉症』と一言で言っても、原因となる植物は"スギ"以外にヒノキ・ブタクサ・
シラカバ・コメなど 約50種類の草花が報告されています。

"スギ"だけかと思っていたら、意外な花粉に反応していた!という方も多いようです。
症状の原因を把握することで、接触を避けやすくなりますよ!

当たり前でスミマセン。でも、徹底的に接触を避ける!
  とは言え、シーズン中1歩も外に出ないわけにはいきませんよね。では、どうするか?
その方法は…以下の通り!!

  花粉の飛びやすい日や1日の中でも飛散量の多い時間帯をできるだけ避ける。
  花粉の飛びやすい日⇒「天気が良く、風が強い日」(特に、雨が降った次の日は要注意!)
花粉の飛びやすい時間帯⇒「10〜14時にかけて」(ただ、実際に花粉が街中へ到達
するのは、お昼〜19時くらいになります。帰宅時は特にご注意くださいね)
  窓や出入り口の開け閉めは最小限にし、帰宅後はそのままシャワーに直行。
  1で挙げたように、帰宅時は花粉が体や髪・洋服に付いている確率が高いです。
洋服は玄関先で軽くはたき落とし、体はすぐにお風呂で洗い流すと、
花粉をリビングや寝室まで持ち込まずに済みますよ。
  洗濯物は乾燥機か室内干しで。
  布団乾燥機も便利ですが、どうしてもお日様に当てたい時は 風の無い日や花粉の
飛ばない時間帯を選んでくださいね。布団の上に大きいビニールやレジャーシートをかけると、
花粉の付着を抑えられます。取り込む時に掃除機をかけるのもGOOD!
  花粉症対策グッズを活用する。
  外出中のマスク&メガネは必須。特にマスクは年々進化してますよね。
実は最近、鼻に差し込むタイプのマスクを見つけました!!バレたらちょっと
恥ずかしいな…と思ったら、透明でほとんど目立たないし 息苦しさもなく
快適でした(笑)。新しい物を活用するのも◎
  そして、リアルタイムの花粉量や風向きをチェックするため、以下のようなサイトも
あります。よろしければ活用されてくださいね。
  【花粉飛散情報サイト】
環境省花粉観測システム(はなこさん)
花粉情報-日本気象協会(tenki.jp)
  で、最終手段!! 「そうだ、○○へ行こう!」
  実は、日本で一番花粉症患者数が少ない県は 沖縄県だそうです。
その理由としては、スギ・ヒノキの植林が少ない上、風でほとんどの花粉が
海へ飛ばされるからとの事。

「もう無理!これ以上耐えられないーーーっ!!」と思ったら、思い切って
沖縄へ行ってみましょう(笑) 思いっきり深呼吸できますよ♪

最近は、沖縄での"週末花粉症回避ツアー"や"1ヶ月ステイプラン"といった
お手頃な企画もあり、避暑ならぬ"避花粉"される方に大人気なんだそうです。
バカンスがてらマスクも薬もいらない生活を送れるなんて…本当にうらやましいっ!
  さて、いかがでしょうか?

花粉症は 一度発症してしまうと長い付き合いになります。
まずは、免疫力を上げ 発症を遅らせること。発症した後は、自分の体をよく知り
体質に合った方法で症状を和らげましょう!



    

それでは、最後までお読みくださり ありがとうございます!!

春は暖かくて気持ちの良い季節です。

花粉と上手に折り合いをつけて、お出かけを楽しみたいですね♪


 





ページの先頭へ戻る