トップページコミュニケーター想(そう)の「ココに気をつけて♪」

コミュニケーター想(そう)の 「ココに気をつけて♪」

今月のコラム

第4回 入浴方法に気をつけて♪

     暑かった夏がウソのように寒くなってきましたね。お体しっかり温めていますか?

男性は女性ほど「体の冷え=冷え性」にお悩みの方は多くないと思いますが、
「よく眠れない」とか「なんとなく調子が悪い」、「疲れが取れない」、「腰痛・肩こり」
というお悩をお持ちでしたら、それは、男性でも「体の冷え」が1つの原因かも
しれません!

 
なぜか?と言いますと・・・
体が冷えていると血液の循環が悪くなり、

体に栄養を行き渡らせたり、老廃物を体の外に出したり、正常な体の機能が低下してしまうからなのです。。

それにより、体の不調としてチョコチョコ表面化してくるのです。 


そこで!!
     「体の冷え」の対策として、大切にしたいのが・・・入浴です♪

ということで今回は、
『入浴方法に気をつけて♪』です!!
一日の疲れを取って、心身をリフレッシュ、体の機能を正常に保つために大切な入浴。
その効果を最大限引き出す方法を、ご紹介したいと思います☆

ではまず、「どうして入浴する必要があるのか?(シャワーじゃだめなの??)」
からお伝えさせて頂きます!

シャワーには、水圧で肩や腰などを部分的にマッサージする効果が
ありますが、体を温めるという面からみると、ほとんど効果はありません。

一年中シャワーだけという人は、
体の芯が温まっていないので、
しだいに冷え性になってしまうとも言われます。

また、シャワーは神経を高ぶらせる交感神経を刺激するので、朝、スッキリ目覚めたいときにはオススメですが、夜寝る前には寝つきが悪くなってしまうのでオススメできません。。

「交感神経」は、昼の神経と言われ、体・筋肉などが緊張し、興奮した状態です。
「副交感神経」は、夜の神経と言われ、体・筋肉などがほぐれ、リラックスし血流が増します。
(寝るとき、食事の時などに優位に働きます)
まず、半身浴です☆
     ご存知の方も多いと思いますが、やはりこの方法。
昔から『頭寒足熱』と言われているように、健康の為には冷えやすい下半身を温め、
体温のバランスを取ることが大切だからなのです。

半身浴では心臓から遠い下半身を長時間ゆっくりと温めることで内臓も温まり、
下半身に滞留していた血液が上半身へと戻り始めます。それにより、
全身の血流も良くなり、新陳代謝が活発になり、体温の体 全体のバランスを取る事ができるのです。
では、半身浴ってどんなもの!?という方へ!!
  お湯の温度は?
  『38〜40℃』が理想的♪

日本人の平均は41〜42℃と言われていますが、40℃以上の温度ではシャワーと同じように交感神経が
刺激され体全体が緊張して目が冴え、眠れなくなってしまいます。

また、熱いお風呂は、入った時に血圧がぐっと上がり負担がかかってしまったり、体を芯から温める前に
のぼせてしまったり・・・あまりお勧めできないのです。。

そこで、『38〜40℃』のお湯です!!

副交感神経が優位に働き、体はリラックス。筋肉も緩みだします!
  では次に、
お湯の量はどのくらい??
  『みぞおち(心臓)から下が つかるくらい』です!

肩までつかる全身浴の場合、体全体にかかる圧力はなんと500kg以上!
そのため肺や心臓に負担がかかり、長時間は入れず、表面しか温まりません。

そこで、湯船に全身をつかり、みぞおちまでをお湯から出してみてください!
すごく楽になります♪これで、長時間の入浴も負担なく行えるのです。

しかし・・・これでは上半身が温まれないじゃないか!!と、思われますよね?
大丈夫です!負担なくゆっくりと湯に浸かっていられる事で、下半身で温まった
血液が全身を巡り、のぼせる事なく、体全体を芯から温める事が出来るのです♪
※ 上半身は、外(皮膚)から温めるのではなく、体内の血液によって内側から
温まっていくのです。
  では、どのくらいお湯に浸かっていたらいいの??
  『20分〜40分くらい』です!

新陳代謝の違いによりバラツキがありますが、だいたいじんわりと汗が出る20分〜60分くらいが
オススメです。

で、この時!!ボーーと、お風呂の気持ちよさに身を任せていても良いのですが、
さらに行うと効果的な方法を下記にご紹介致します♪
お風呂の効果を最大限に高める方法☆
  入浴剤でリラックス♪
  入浴剤にはお湯をやわらかくしたり、血行を促進したり、そして香りでリラックスするなどの
効果があります☆現在はたくさんの種類の入浴剤がありますから、自分の疲れ具合や求める効果に
よって選ばれるのも良いかと思います。毎日、違う入浴剤に入って気分を変えるのも楽しいですよ♪
  音楽や読書でリラックス♪
  好きな音楽を聴いたり、本を読んだりする事で心身ともにリラックスすることができます☆
最近は防水の音楽プレーヤーもたくさん出ていますよ♪ 私は鼻歌派です♪♪
  湯船の中でストレッチ♪
  まず、手足をよくもみましょう☆特に、痛みがあるところは丁寧にもんでください。

首や肩の筋をゆっくり伸ばしてストレッチ。

入浴中、余裕があれば足の指を動かすこともオススメ☆
足の指を開いたり、閉じたりして自律神経の活性化を促しましょう。
  楽しいことを考えて♪
  手足の力を抜いてプランプランさせながら、その日あった嬉しかった事や楽しかった事を
思い出してみてください☆心もあったかくなるかも?
そうして過ごした、ゆったりバスタイム。その後は・・・♪
お風呂あがりも温めて☆
  せっかく半身浴で温まっても、湯冷めをしては逆効果です。
水分が残っていると湯冷めするので、お風呂から上がったら乾いたタオルで体の水分を十分に
ふき取ってくださいね☆

温まった体を冷やさないためには、すぐに靴下、ズボンなどをはいて下半身から体温を逃げないように
してください♪髪もすぐに乾かしましょう。

暑い時は、上半身は薄着・裸でもかまいません♪  寝る前には着てくださいね☆

そして・・
水分補給に気をつけて☆
  一般的には40℃のお風呂に10分間入ると、およそ500ccの水分が失われるそうです。
水分だけではなく、ナトリウムやカリウムも失われているので、長く入る場合は、
途中でちょっと水を飲むなども大切です。
冷たいと体を冷やしてしまいますので、温めるか常温で飲みましょう♪
あと、、
お風呂あがりにビール!!
おいしいですよねぇ!でもっ!!ビールには利尿作用があって、むしろ脱水につながってしまうので、
ビールを飲んだ分の水分もしっかりと補給してくださいね☆




    

いかがでしたか?
今回は普段私も行っている入浴方法をお伝えしました☆

この入浴方法、実は『ダイエット』や『老化防止』(アンチエイジング☆)にも
オススメなんですよ♪

体をポカポカ温め、日々の疲れをとって、元気にお過ごしくださいねっ☆

今回も、長文お読み頂いてありがとうございました♪

 





ページの先頭へ戻る