トップページコミュニケーター愛の「ココに気をつけて♪」

コミュニケーター愛の 「ココに気をつけて♪」

今月のコラム

    最近、老けて見られる。疲れて見られる。または、不機嫌に見られる・・そういった
ことはないですか?
それは、顔(表情筋)のたるみが原因かもしれません!!

たるみによって顔に影ができ、表情が暗くなってしまうんです。同じく、不機嫌顔もたるみによって口角が下がることで、生じてしまいます。表情筋は手足の筋肉と
一緒で、使わなければ衰えていきます。しかも、表情筋は普段の生活では全体の約30%くらいしか使われていないそうです。

     特にパソコンの前に張り付いてほぼ一日を過ごすようなビジネスマンは、パソコンに集中するあまり、瞬きの
回数さえ減り、完全に無表情。つまり、衰え放題なんですね(笑;)

また、営業マンや販売員などサービス業の方などでも、自分の意志に反した「作り笑い」「愛想笑い」をしてしまうことが、実は、顔の筋肉やそれを動かす「顔面神経」に極めて宜しくないそうで・・・
(ブレーキを踏みながらアクセルを踏むような、何とも不自然な使い方だからなのだそうです。)

このような筋肉の使い方をしていると、顔面神経は非常に疲れ、表情筋もゆがんでいくのだそうです(驚)

言わずと知れて、顔の印象はどの場面でも特に重用です!顔の筋肉を鍛えることで、表情を豊かにし、肌に
ツヤ!!血色を良くし!!引き締めてスッキリとした若々しい輝く笑顔を取り戻しませんか♪

誰にでも毎日無理なく続けられる方法を、今回も私なりにいろいろと調べてまいりましたので、とりあえず、
1ヶ月!!下記の方法をお試しいただけたらと思います☆

それでは!“表情筋の鍛え方”どうぞ♪





       なかなか、恥ずかしがり屋の日本人は、これがとっても苦手ですが(笑;)豊かな顔の表情をつくりだしているのが、表情筋ですので、表情筋を鍛えるためには、もっと喜怒哀楽を顔に出すことを心がけましょう。

       おススメのトレーニングタイムは、"お風呂"タイム♪
(体の血行が良いときに行うのがより効果的です)
      

まず@、顔のこわばりをとっていきます。
顔全体を縦に思い切り引き伸ばし、今度は顔の中心に全てを集める気持ちで、クシャクシャに縮め、一気に力を抜きます。(これだけでも結構スッキリ♪)

特に、思い切り目をつぶり、開けるときはこれでもか!というくらいに見開きます。
これは、目の疲れをとるのに非常に効果があるので、気が付いたときに行っていただいてもGOODです♪

次に、A大げさに「あ」「い」「う」「え」「お」を発音するときの表情をつくります。実際に声を出しても良いですが、恥ずかしければ、無声音で(笑)
※ポイントは、ゆっくりと動かし、口が開ききったところで2〜3秒とめます♪(体のストレッチを行うときと
同じようなイメージ)

B「ひょっとこ」みたいに口を尖らせて、左右交互にゆっくりと寄せていきます。
これも「ひょっとこ口」を極限まで片側に寄せたら、数秒キープ。表情筋の伸びを感じてください☆

C今度は「ひょっとこ口」のまま、ゆっくりと上を向き、首筋を伸ばしていきます。
上を向ききったところで、舌をめいいっぱい上へ突き出します。突き出した舌を左右へゆっくりとふります。(傍から見るとおもしろい光景ですが、笑)二重あごによるたるみの解消になります。

最後に、D額に思い切りシワを作るように、頭皮を前に寄せ、額のシワを伸ばすように頭皮を後ろへ寄せ、これを繰り返します。これは、頭皮の血行にも良く、薄毛や白髪の防止にも良いとか♪



       または、ペットボトルを使ったエクササイズもお勧め☆

まず、どのくらい顔の筋肉が衰えているかをチェック♪ 空のペットボトル(1.5〜2リットル)の注ぎクチを口に加え、下を向きます。
※ココで、ポロっと落ちてしまう方は要注意!!かなり顔の筋肉が衰えています。(下を向いたくらいじゃ落ちないだろ!?っとお思いでしょうが、実際に試すと意外にみなさん、落ちてしまうんですよ。笑)

さて、顔の衰えを実感して頂いたあとは、いよいよトレーニング!!
やり方はすごく簡単で、息を全て吐ききったあと、ペットボトルの中の空気を全部吸い込んでしまうくらいの勢いで、ペットボトルがぺったんこになるくらいまで吸う!吸う!吸いまくる!!これだけ!

日々TVでも観ながらペコペコペコッ!っと続けていくと、かなり変わっていきます♪



    
いかがでしょうか?

筋肉と言えば、体のことを思い浮かべてしまいますが、今後はお顔の筋肉にも、意識を向けてみてください♪意識しているのと、いないのでは、将来的にも大きく差がでてくることだろうと思います。

是非、この度紹介させて頂いたトレーニング法で、いつまでも輝く若々しさを保っていきましょう♪





ページの先頭へ戻る