トップページコミュニケーター愛の「ココに気をつけて♪」

コミュニケーター愛の 「ココに気をつけて♪」

今月のコラム

    最近誰かを褒めましたか?

「褒めるなんて恥ずかしい」、「ごまをすっていると思われたくない」、
「褒めすぎてありがたみがなくなってもね・・・」

そんな思いが頭を掠めて、素直に褒めることができなかったことはないですか?

日本人は、昔から"ひかえめ"が美徳とされてきましたので、褒めるのも褒められるのも下手な人が多いそうです。(確かにそんな気が・・・笑)

     それでも、最近のアンケート(WEB上のアンケート)では、9割の人が「自分は褒められて伸びるタイプ」だと思っているのだそうで、なんだか矛盾していますよね(笑)
怒られたくないから、前もって「褒めてね♪」「怒るときは優しくね♪」と言ってるようなもんだと感じなくもないですが・・実は、この"褒められて伸びる"というのは、まんざらでもないようです(笑)

人は褒められると"自分の価値や存在を認めてもらえた!!"ということに、自信と安心感を得、
ヤル気(意欲)を出します。実は、この意欲が脳の活性にはとても大切。

アハ体験で有名な脳科学者:茂木健一郎博士によりますと、意欲があるときとないときでは、
実際に脳(感情というものに大きく関係する情動系と呼ばれる部分、大脳辺縁系を中心とする領域にある
物質)の状態がまったく違う
のだそうで、意欲を出すためには「例え根拠がなくても自信を持て」とまで言われているんです。(「感動する脳」より)

褒められて自信がつき、自信が意欲となって脳の働きが上がるということが、脳科学的にも証明されているということですね。


また、脳は常に体と密接に対話しているので、脳活動は体が置かれた環境(物質的なこともありますが、
ここでは人間関係を指すことにします)
にも密に結びついる。(「感動する脳」より)

つまり、褒めるという行為によって、褒める側も褒められる側も、お互い幸せな気持ちになれるいい環境(人間関係)というものは、脳にとってもよい環境♪ということなのです!
褒めて、褒められて、いい刺激、いい影響を与え合い、共に成長できるような環境を築ければ、それはとてもすばらしいことですよね!

そこで、今回は"褒め上手になれるコツ"をお伝えしたい!!と思います♪
今回も書籍やインターネットを駆使していろいろ調べて参りました!参考にして頂けたら嬉しいです!




       とにかくまずは


       褒めようたって相手のことを知らなければ始まりません。
褒めることによって"私のことを認めてくれている"と相手に感じてもらうことが大切ですので、相手のことをよく知りもせず上っ面だけを褒めるのは、逆効果になってしまいます。

自分自身が"褒める"という行為に慣れる意味合いでも、まずは相手のことをよく観察して、些細なことでも目に付いたところから褒めていってみましょう♪

※ココでの注意点は相手をガン見しないこと(笑)相手のいいところを逃すまいとギンギンに視線を送ってしまっては怖がられるだけです(笑)なんておわかりですよね(笑)


       短所はすぐに目に付きやすいですが、長所に気付くのには時間がかかることも。
そういうときは、褒める視点を変えてみる。
例えば"仕事が遅い"なら"慎重に仕事を進めている"といったように。短所も視点を変えれば長所になるのです。

そうは言っても、仕事はスピードも命!そんな場合は・・・

「慎重に仕事を進めていってくれているね!ありがとう!あともう少しスピードUPできるとさらにすばらしいんだけど、どうかな?」

注意をするにしても冒頭に褒め言葉を入れることで、印象はがらりと変わりませんか?
但し、ココでの注意点は、はなっからの甘ったれには通用しない!ということ(笑)その人の人柄を見極める上でも【相手のことはよく観察して】おきましょう♪


       褒めるときって何故かちょっと気恥ずかしくないですか?
どういう心理状態なのかわかりませんが(笑)意外に多いのが、褒めかけて恥ずかしくなり、舌足らずになってしまうこと。
ただ「すごいね。」と伝えて褒めたつもりでいても、相手には伝わっていないことも多いもの。

褒めると決めたら、腹も決めて!照れずに思ったこと、感じたことを素直に具体的に伝えてあげましょう!


       「あなたはいつも元気で明るいですね」「あなたは頑張ってますね」これでも言われて悪い気はしませんが、
ちょっと言い方を変えるだけでもっと効果的な褒め方があります。

"あなた"の部分を"私"に変えるんです。
上の例を言い換えると・・・
「私は、あなたといると元気になれます。」「私は、(あなたのお陰で)助かりました。」

といった具合です。
主語が"私"になることで、自分の感情や意見を相手に伝えているだけという印象になり、
褒められる側も否定せず、素直に聞き入れることができるんだそうです。


       褒め方上級編です☆

同じ褒め言葉でも、とらえ方は相手によって異なります。
例えば自分に厳しい人に簡単な事を褒めてもそんなに喜びませんし、納得すらしない場合も・・こんな場合は、褒める度に相手の反応を伺い、その人にあった褒め方を探し当ててゆきます。(気長に♪)

また、性格もそうですが、相手との立場の違いでも褒め方は変わってきますよね。
(ここでは、職場での立場別の褒め方をお伝えします☆)

   目上の人を褒める場合、相手のことを信頼しているというアピールが"褒める"ことにつながります。

「仕事のやり方で悩みがあるのですが、相談にのってもらえませんか?」

これは、一見、褒め言葉に思えませんが、"頼る"という行為は、相手を信頼しており、何より認めているということ。嬉しくないですか?※もちろん、頼りすぎはいけません(笑)

「先輩の(仕事の)やり方はさすがですね!」
こちらは、上の例とは逆に、見るからに褒めていますが、目上の人に対して分かっているような発言は
失礼にあたることも。
「お前に俺の何がわかる!!(怒)」と内心ご立腹かもしれません(恐)

   とにかく、誰かと比べたり、一人だけを褒めるということは避けましょう!

そして、妬みや嫌味に聞こえないよう、素直な気持ちを具体的に表すことと、"私にとってあなたは必要だ"ということを、アピールすることが大切になってきます。

「あなたが作ってくれた資料で、みんな助かってるよ」
「あなたが教えた後輩、すごく仕事ができるようになったよな」

その人自信を褒めるより、その人の周りを褒める(間接的に褒める)という手も有効的です♪


   相手の良いところを伸ばしてあげよう!という気持ちも大切。
ですので、「ちょっとしたことでも俺はしっかり見ているぞ!あなたの頑張りは分かっているぞ!」というアピールがより重用に。

結果だけでなく、そのプロセスや頑張っていた点を褒めてあげましょう♪

それから、うっかりしがちな部分ですが、後輩から「あの人に褒められて嬉しい!!」と思われる存在に、まずは自分がなっておくことも一つのポイントです♪



       最後に・・・番外編
       褒められたら、まずは素直に「ありがとう♪」と感謝の気持ちを伝えましょう!

ついつい照れから不必要な言い訳や謙遜を口走ってしまいがちですが、それは逆に相手を困らせてしまうことも・・・。

さらに「あなたに褒められて嬉しい♪」とその人に褒め返してあげられるまでになれば、なお良し!すばらしいです!褒めた方も、褒められた方も気持ちよくなれますからね♪



    
いかがでしょうか?

きっと、急に褒めまくり始めると気持ち悪がられるだけだと思いますので(笑)、とりあえずは1日一言2日に一言でも、簡単な褒め言葉から伝えていってみませんか?

ふと、気が付いたときには、とてもいい雰囲気があなたの周りに出来上がっている
かもしれませんよ♪





ページの先頭へ戻る