トップページコミュニケーター愛の「ココに気をつけて♪」

コミュニケーター愛の 「ココに気をつけて♪」

今月のコラム

    皆さんは洋服を買うとき、その色をどのように選んでいますか?

@無難な色を選ぶ(黒、紺、グレー・・こんなもんだろ?男は黙ってダーク系!)
A流行の色を選ぶ
B自分の好きな色を選ぶ
C雑誌のモデルさんと同じカラーコーディネイトを選ぶ☆
(俺ってさ、おしゃれ泥棒だ・か・ら♪)
Dはたまた、店員さんに押し薦められたものを買ってしまう(汗;)
(他人が似合うってんだからいいだろっ?)

     なんていったことが多くないでしょうか?
しかし、残念ながらいずれも"自分に似合う色(自分の魅力を引き出してくれる色)"とは限らないんです。。(涙)

「そんなこと知ってるよ!でも自分に似合う色がわからないから、@〜Dで決めちゃってるんじゃないか!」っとお思いになられた方、いらっしゃると思います。

ですが!面倒くさいかもしれませんが、どうか!投げやりにならないでください!(笑) 下手をすると、無難に選んできた色のせいで、「顔色が悪い」「実年齢より老けて見られる」 「疲れていそう」などなど、マイナスの影響を受けているかもしれません。(悲)

たかが色、されど色、色選びだけでそんな損をするのはもったいない!! 自分に似合う色で、「健康的な顔色」「洗練されたセンス」「明るく爽やかな印象」をもまといませんか♪


また、色には心理的作用もあると言われています☆
自分に似合う色を身に着けることで、精神的にもプラスの効果が期待できるそうですよ!

しかも、嬉しいことに(?)一度自分に似合う色がわかると、いくつ歳を重ねても、例え日焼けをしても その色は一生変わることがないそうです。(生まれ持った肌の色や目の色、その人の持つ雰囲気などが変わらないからだそうです。)

一回見つけておけば後は安泰!ってことです(笑) と、いうことで!!今回は
『自分に似合う色:パーソナルカラー』の発見&その使い方に挑戦してみましょう♪

誰にでもできる簡単な方法でご紹介いたします☆


では早速、





     私の体験談も含めて・・笑; 似合っている色とそうでない色、
見え方にどのような違いが生じるのか?検証していきましょう♪


    
※このとき用意するアイテムは、色だけを見るんですから、ハンカチなんかでもOK ♪
※こっそり、ユニクロさんにご協力頂く、なんてことも有り!かも(笑)


ユニクロさんには豊富なカラー、同じデザインの服が盛りだくさん!
しかも全身鏡&明るい蛍光灯下でチェックできるので、ココはいいっ♪

ここで、『似合っている色』であった場合は下記のようなことを感じます。

・顔の血色がよく見えパッと明るく感じる
・顔の輪郭がすっきりする
・目の印象が強くなり瞳に輝きを感じる
・シミしわ、にきびなど肌トラブルが目立たなくなる

ん〜ん♪いいことづくし♪


逆に残念ですが『似合っていない色』であった場合。

・肌が黄ばんで見えたり、くすんで顔色が悪く見える。
・鼻の脇やあごの側面に影ができたり、目の下にクマまでお目見え。。
・目の力が弱く、表情が冴えない。

どわぁ〜。気分まで落ち込みそうですね。。(汗;)


ですが、実際に私、試してみましたところ・・・「色によって自分の顔がこんなにも変わるものなんだ!」っと軽くショックを受けました(汗;)

昨年でしょうか・・流行しました"ロイヤルブルー"・・この色のなんと似合っていなかったことか・・(恥;)好きな色でもあったのですが、確かに!着替えて鏡の前に立つとなんだかいつも"しっくり"こなかったんですよねぇ。

頬がこけて、老けて見えるんです・・そのときは気のせいだろう!と思っていたんですが、やっぱり、そのうち・・・"タンスの肥し"ですよ。。。あ〜ぁもったいない。

小洒落たショップなどに行くと、店内がダウンライトでかっこよく演出されていますよね。 これのせいで試着しても、自分に似合っているのか実際の色(自然光下もしくは蛍光灯下での色)がぼやけてわからない。 これで、よく失敗しちゃうんですよねぇ。

皆さんも、こんな経験ありませんか?

ここで、ちゃんと自分に似合う色がわかっていれば、そんな失敗も減るかもしれません♪

ところで、





     「似合わない色はもう二度と着れないの・・・!?涙」、「飽きちゃうし、いつも同じような服ばかり着ていると思われるのも嫌だ!好きな色や流行の色だって取り入れたい!!」

そうお思いの方もいらっしゃるでしょう。

大丈夫です♪

好きな色や、流行の色を取り入れて、センスUPできる"似合う色の上手な使い方"もお伝えします☆




     例えば、シャツとVネックセーターの組み合わせを考えた場合。
極端な話、シャツに"似合う色"を取り入れていれば、Vネックセーターは単に"好きな色"でもいいわけです。

ビジネススタイルの場合でもシャツかネクタイ、どちらかだけでも"似合う色"を持ってくるといいのです。

ついでに・・(ご存知の方も多いと思いますが)ビジネススタイルの場合、シャツとネクタイの色は合わせて3色までに抑えてコーディネイトするとよりGOOD!全体にまとまりがでてスマートなのだそう。
さらに、ネクタイの中の1色をシャツかジャケットの色に合わせるというのも一つのコツ!だそうです。


それでは逆に、"似合わない色"だけど取り入れたい!そういうときには・・・?

"似合わない色"は顔周りから遠い、ボトムなどに持ってくればOK♪
と言っても、どうしてもデザインが気に入ったシャツ(トップス)が"似合わない色"だったらどうすんの?

確かに!そうゆうことだってありますよね!

こんな場合にも、上に記載した方法で大丈夫♪
ビジネススタイルの場合ですと、ネクタイに"似合う色"を持ってくる!
私服の場合ですと、シャツをインナーが見えるようにオープンにし、このインナーに"似合う色"を持ってくる!また、今からの季節、薄手の巻物などを"似合う色"で持ってきてみましょう!

POINTである顔周りの雰囲気がぐっと変わってくると思いますよ♪



     え〜、ここまで服装のことばかりをお伝えしておりますが、ファッションといえば・・
アクセサリーもセンスUPの重要なアイテム☆
男性の場合ですと、時計、めがねといったところでしょうか?時計はベルトに文字盤、めがねはフレーム、どちらもカラーは豊富ですよね!

基本は服選びの"似合う色チェック"でわかった色でOKなのですが・・・
こちらには服にはそうそうないカラーが選択肢に入ってまいります。

そうです!金と銀☆

どちらが似合うのかチェックする方法を下記に♪

まず、金色と銀色の台紙を用意して下さい。
できれば、大きめのものが好ましいですが、なければお子様から折り紙の貴重な金と銀、拝借してきてください(笑)

それに、それぞれ、ご自身の手の甲を上にしてのせて下さい。
手をじっーと見つめます。

どちらか一方が、白く透明感があるように見えてきます。


・金色の上にのった手のほうが綺麗に見えたなら、あなたは、金タイプです。
・銀色の上にのった手のほうが綺麗に見えたなら、あなたは、銀タイプです。

もちろん、ネックレスや指輪などをお選びになるときにも、応用できますよ♪




    
いかがでしょうか?

"自分に似合う色"興味を持っていただけましたでしょうか?
ご存知なかった方は、騙されたと思って、まずは一度、今回お伝えした
方法でトライしてみてください♪

新たな自分を発見するチャンスかもしれません(笑)
☆似合う色の見つけ方は非常に奥が深く、上記の方法以外にも
たくさんあります。


もし、より詳しいパーソナルカラーを見つけたい!そのコーディネイトの仕方も教えて欲しい!
そういう場合は、専門のカラーコーディネイトさんによる有料のセミナーなども存在しますので、
参加されてみるのも良いでしょう。

今まで色にあまり興味のなかった方も、これを機に、"自分に似合う色"でもっと!コーディネイトを
楽しみましょう♪
もう、春も間近ですし!折角、たくさんのカラーが存在するんですから♪使わな損損(笑)デスよ☆





ページの先頭へ戻る