トップページコミュニケーター愛の「ココに気をつけて♪」

コミュニケーター愛の 「ココに気をつけて♪」

今月のコラム

    男なんだから!そんなせこせこ節約なんかやってられっかぃ!・・・きっとお思いになったことでしょう(笑)

そんなこと言わずに協力して下さいよ!お願いします♪世の奥様方からのご要望です(笑)

今や、どこを見ても何を聞いても不景気不景気。
明日はわが身か(恐)このご時世、だから夫婦も協力して乗り切らなければなりません!ウチは大丈夫!なんて方も、今後どうなっていくか・・・わかりませんよ〜っ(恐)(・・・なんて恐怖心を煽ってみましたが、本当にご苦労されている方もいらっしゃると思いますので、軽々しい発言でしたらスミマセン。)

   何はともあれ、『備えあれば憂いなし』!!節約生活はエコ生活でもありますし♪ いかがでしょう?
節約生活、始めてみませんか??

っと言いましても・・・実際に何をすればいいのやら???わからないから面倒臭い!そんな男性の皆様の
為に・・・今回は、"日常でのちょっとした節約術"をお伝えさせて頂きたいと思います☆

挙げだすとこれでもか!っというくらい、ツラツラこまごまとした術がたくさん出て参ります。
さすがにそのあたりまでお願いするのは忍びない。(笑)そこで!

男性の皆様に、「私が感じたシンプル節約術、せめてこれくらいはやってちょ♪」術をお伝えさせて頂きます☆節約は続けることが第一!

それでは!項目に分けてお伝えさせて頂きます!





       省エネの大敵!待機電力をカット!知らぬ間に年間1万円も払っているケースも!?

一般に待機電力は、毎月の家庭の電気使用量の約1割を占めていると言われています。
月の電気代が1万円ならその内1000円が待機電力に取られているって訳です。

ん〜っ!使ってないのにもったいない!!

片っ端からコンセントを抜きに走りたくなっちゃいますが(笑)、ここは利便性も考えて・・
無理しても続きませんしね♪
日頃、コンセントに手の届き難い家電や、頻繁に使用するものなどは無理をせず、さしっ放しの現状維持で、
必要のないものだけはサックリ削除です♪


・テレビ/ビデオデッキ・・・コンセントまで抜かずとも、主電源は切りましょう!

・パソコン・・・スクリーンセーバーや節電モードになっていても通常の動作時と同じくらいの電力を
         消費しています!

・携帯電話の充電器・・・充電が完了したらすみやかにコンセントから抜きましょう!
                 接続した状態ですとかなりの電力を消費しています!


この他にも、炊飯器・レンジ・エアコン・石油ストーブ・電気ポットなどなど・・多くの家電がありますよね。これらの家電を使わない時、コンセントを抜いちゃいましょう♪

+アルファ節約術 : どうせやるならとことん節約したい派のあなたへお薦めのアイテム☆


「節約タップ」を使う!↓

  http://www.bi-k.com/shop/daily/tap.html

      
コンセントを抜く手間をカチッと一発!大幅にカット!
様々な家電のコンセントを一個にまとめ、スイッチ一つでコンセントの抜き差しを行ったことになるという優れもの♪価格は700円程〜と初期投資はいりますが、日頃、手が届き難い家電の待機電力もコレならば逃さず、無理なくカットできます☆

このようにコンセントを抜くだけで、年間、現状の待機電力をなんと!42%も削減できるそうです!((財)省エネルギーセンターより)

心がけましょう♪






       早くお水を沸かしたい!早く調理して食べたい!

早る気持ちを押さえきれず(笑)、ごうごうと炎を出す。
しかーし!鍋底からはみ出した炎は残念ながら、肝心の鍋を熱してくれてはおりません(涙)。
無駄にガスを消費しちゃっているだけなんです。

ですので!鍋の大きさに合わせて火力は調節しましょう♪






       一般家庭で使われている水の内訳は

1位 トイレ 28%
2位 風呂 24%
3位 炊事 23%
4位 洗濯 17%
5位 洗顔・その他 8%                        (東京都:一般家庭水使用目的別実態調査より)

なんと、トイレが1位。

お風呂が1位だと思っていましたが驚きの結果です。
トイレの水の節約法がないものかと調べてみると有名なのが・・・トイレのタンクにペットボトル(水入り)などを入れ、水量を減らす作戦。また、お風呂の水をバケツでくんできて流す(こりゃメンドー)、または、流す回数を減らす・・というものがありました。

しかし・・・トイレの水量を減らしたり、お風呂の水をくんできて自分で流す方法は、水圧が弱く、そのうち、配管がつまり故障してしまう恐れがあるのだそう。。

といって・・・

流す回数を減らす=排泄物を溜めておく・・・というものも・・・どうかと・・・
臭いはもちろん、衛生的にもないように思いますし、コチラの方法も便器や配管に尿石が蓄積し、故障の原因になる恐れがあるのだそう。。そ、それならば!! あまりお勧めできませんが(汗;)
トイレは、が、外出時に・・きょ、極力・・・スマセテキテシマイマショウ・・・か。。(笑;)また、オシッコは、
溜めちゃいましょう!?か。


または、コチラはかなりの初期投資が必要となりますが・・・



       従来のトイレは一回の排泄物処理に13リットルもの水を使用しています。
しかし、最新型はなんと4〜6リットル!半分も節水&エコなのだそうです!(TOTOホームページより)

最新型に変えられたら・・一番いいですよねぇ〜。





       毎月の固定電話の「お支払い明細」を郵送(書面)から「eビリング」(ネット上で明細を確認できるシステム)に変更すると月に110円(税込115.5円)の割引になります。年間にすると1,320円(税込み1,386円)でございます。

無駄な紙を使わず、ごみも減り、省資源の面からも非常にすばらしいことだと思います。

お切り替えが未だの方、是非コチラから↓

  http://www.ntt-east.co.jp/atto/top.html

お電話でのお申し込みは「局番なしの116」まで☆


       固定電話同様に、「お支払い明細」を郵送(書面)から「eビリング」(ネット上で明細を確認できるシステム)に変更すると月に100円の割引になります。年間1.200円!固定電話と携帯合わせると、2.586円の節約♪

なかなかじゃぁありませんか♪※一回、変更の申し込みさえしてしまえば、毎年、ずーと2.586円浮いちゃいますよ☆コレはヤリです!

お切り替えが未だの方、ドコモの方はコチラから↓ 

  http://www.nttdocomo.co.jp/charge/online/ebilling/index.html

(ちなみに、iモードからでもお申し込み頂けます♪)





       ゴルフ道具なんて重いものを載せっ放しにしてはいませんか?車体が重いと燃費も悪くなります。必要のないものをあちこち運びまわっては、ガソリンを撒き散らしているようなもの。もったいない!

     古いガソリンが残っていると燃費とエンジン事態によくありません。

     ガソリン自体の重さも燃費に影響しています。
満タン時は車体が重く、燃費が悪くなるのです!できるだけ車体を軽くし燃費を上げるためにはガソリンは入っていない方がよいのです。

しかし、しょっちゅうエンプティーになり給油するのもメンドー!それに、セルフはいいとして、ガソリンスタンドで「レギュラー1000円分!」なんて言うのもちょっと恥ずかしい・・ですよね(笑)

そこで、給油は半分ほどを目安にされるといかがでしょうか?
利便性とささやかな燃費向上、ともにご納得いただけるのではないかと思います♪
注):常にガソリンを半分しか入れないと、タンク上部に錆ができる恐れがあるそうで・・給油は数回に一回、満タンにしましょう☆


     タイヤの空気圧も燃費に影響してきます。
タイヤ自体の寿命にも影響があるそうですよ!


   発進時、急発進はしない。
ゆっくりとアクセルを踏みましょう♪最初の5秒で時速20kmを目安に☆(急発進を10回すると170ccのガソリンを無駄にしているそうです。)

走行中はなるべく速度を一定に。(登り坂では、速度が落ちてからアクセルを踏み足すと燃費悪化の原因に。坂の手前から、余裕をもってアクセルを踏み足しましょう!)

停止するときも余裕をもって 早目にアクセルはOFF(一定以上のエンジン回転でアクセルから足を離すと、燃料をまったく使わない状態になる「フューエルカット」という機能が働き、燃料を使わずに走行する距離が伸びるので、平均燃費は向上するそうです。)

ちなみに・・エアコンについて・・

エアコンを25℃設定にして走った場合、不使用時と比べて14%も多く消費するそうです。
無理がない程度に我慢です(笑)



さてさて、結局、こまごまといろいろ申し立ててしまいましたが(笑;)、
いかがでしたでしょうか?
ささやかな節約ではありますが、チリも積もればなんとやら、でございます(笑)

この厳しいご時世、細かく気にしすぎて、心まで寂しくなってしまってはいけませんが、
エコの観点からも少しづつ、心には優しさを、頭の隅には節約を、エコロジー&エコノミーライフを目指して生きましょう♪



ページの先頭へ戻る