トップページコミュニケーター愛の「ココに気をつけて♪」

コミュニケーター愛の 「ココに気をつけて♪」

今月のコラム

顔の印象は眉毛で大きく差がでます!

人と会話をするとき、視線は目元にいきますよね。女性がお化粧をするとき一番時間をかけて気をつけるところ、それもやはり目元(眉&目)です。

男性の場合、お化粧することは厳しいですよね。(個人的にも男性のお化粧は私も抵抗が・・)
しかし、眉だけでもちょっと変化をつけてあげるとぐんっと変わってきます!

と、言いましても・・眉毛カットに抵抗のある人も多いのでは??
眉毛カットは10代20代の若者がしているもの、大の大人がする事ではないと思っている方も多いと思います。

確かにきっちりと両眉を筆で書いたように整えるのは、あんまりですが、(女性も同じ)
ぼさぼさ眉は、女性から見て野暮ったい印象に・・
(眉毛と眉毛が繋がっていませんか!?両さん?眉毛が伸びすぎていませんか!?村山元総理?塩爺?)

眉毛の無駄に生えてるところをカットする、左右のバランス(長さ等)を整える、長すぎる眉毛をカットする、程度でも十分に顔の印象は違ってきますよ。

ということで、今回は「清潔感漂う、あか抜け顔」を眉毛で表現(作る)するために簡単な眉毛のお手入れ方法をご紹介したいと思います!

 まず、はさみとカミソリをご用意してください。やる気がみなぎっている方は、眉毛カット用の小さいブラシ・コーム(櫛)もご一緒にご準備下さい。

それでは、早速まず眉の輪郭をはっきりさせる為、上下の生えているムダ毛をカットします。

このとき私個人のお勧めは、カミソリでのカットですが、慣れないうちはうっかり眉をそり落としてしまったり(笑)、肌まで切ってしまったりすることがありますので、はさみ(眉毛カット用の湾曲したハサミ)のご使用をお勧め致します。
※毛抜きで抜いてもいいのですが、抜くとその部分に毛が生えてこなくなると言われておりますので、失敗したときのことも考えてカットをお勧めします。


 次に、眉毛の長い毛をカットします。(眉毛が、短い方は行わなくてOKですよ)眉用ブラシで眉毛の流れを軽くとかします。眉の上方から軽く眉用コーム(櫛)をあてて、はみ出した毛を必ず眉尻から眉頭方向にはさみを向けてゆっくりカットしていきます。
(※眉用コームを強くあてカットすると眉毛が短くなりすぎてしまうので、軽くそえるように優しくあててください。 )


眉毛コームとハサミがくっついたこんなものもあります。
「劇的!眉ハサミ」
http://item.rakuten.co.jp/suma/9036/


コーム(櫛)を使ってのカットが難しいと思われる方は、眉カット用のはさみではなく普通のはさみ(まっすぐのはさみ)を使って、眉毛に軽く押し当てハサミにはみ出してきた毛を毛流れに沿って少しずつカットしてみてください。
(まっすぐのハサミを使いますとコーム(櫛)を使わなくても一気に毛をはさみ過ぎて、バッサリ・・といったことがほとんどありませんよ)





※ しかし、このときも強くはさみを押し当て過ぎないようにご注意下さい。麻呂眉になってしまいますので。。



この方法は、面倒くさがりな私がよくやる方法です。片手でOK♪ハサミ1本で簡単にできるので気楽ですよ!こういった感じで、気軽に眉毛をカットを楽しんでみてください。






  最後に、どうしてもご心配な方は、一度美容院に行かれて、自分に合った眉毛のデザインを作ってもらうといいですよ!一度形を決めてしまえば、後は同じように伸びてきたところカットして整えるだけです。
だんだんと極めて、TPOに合わせて服を変えるように、眉デザインで自分の印象も「今日は男らしい感じに」「今日は優しげな感じ」っとがらっと変えられるようになるとすごいですね♪
凝っている人は、眉毛のトリートメントや髪の色に合わせてカラーリングなんてこともしてますよ!ちなみにこのトリートメント相場は4.000円程。ちょっとびっくり!
ここまでしなくとも・・・

今やビジネスシーンでも、キレのあるデキル男を印象づけるための隠れた身だしなみとして、「眉毛カット」!きてます!是非トライしてみてください♪

 



ページの先頭へ戻る