トップページエモテント CG画像について
初めてのお客様はコチラからご案内いたします
えもびーの目的・信念
えもびーとは?
各ブランドの位置づけ
ご注文方法
会員制度について
よくあるご質問
メールマガジン
えもびー スタッフ・仲間のコラム
お問い合わせ
配達状況確認
ブランドメニュー お悩み対応ブランド 毛髪ケア「トリビック」 男性用化粧品「トリビックエスケー」 人生を楽しむブランド 仕事で闘う男の戦闘服ジェントリーズー エモテント ユア サイドセンター

エモテント このCG画像について

エモテント CG画像のご説明

トップページ゙でご紹介させて頂いているエモテントWEBの画像は、以下のような想いを込めて作らさせて頂きました。

今、心を震わすモノ、感動するモノが少なくなってきているように感じます。しかし、無いわけではありません。
しっかりと世の中を調べつくせば、そういうものもありますし、また、そういったものが作り出すことが出来ます。
そしてそれらは、現代ならではの技術と融合し、昔よりもと刺激があり、感動的で、心が震える、モノとする事もできるのです。

それらを作り出し、または探し出し、皆様にご提供させて頂くのが、弊社でございます。 そんな弊社がお届けさせて頂こうとしている「心を振るわせるモノ」をお届けするショップがこの画像に現されているのです。

順々にご説明させて頂きますと・・・

スーパーアリーナ
左の手前 【スーパーアリーナ】
ネット上だけでなく、さまざまな催し物など、弊社がプロデュースさせて頂く時もくると思われます。そんなリアルなイベント、アミューズメントタウンのようなモノでございます。
薬局
左の手前から2番目 【薬局】
現在ご提供させて頂いているブランド。「毛髪ケア TRYVIC.(トリビック)」と「男性化粧品 TRYVIC.sk (トリビックエスケー)」を中心に皆様のお悩みを解決したり、よりよいご自分になって頂く為の化粧品を中心としてご提供させて頂いております。
映画館
左の手前から3番目 【映画館】
心が震えるモノと言いますと、やはり映画。心を震わせる事が目的の弊社からしてみたら、映画ははずせないキーワード。
カジノ
左の手前から4番目 【カジノ】
現実的にはご提供する事は難しいですが、カジノでする興奮を、弊社から提供するものでもして頂きたいと思い並べさせていただいております。
先にある光
【先にある光は・・・】
弊社からご提供させて頂くものをご体験して頂いていると、さらに素晴らしい世界が見えてきております。そうです、弊社は止まりません。さらに、さらに!と求め続け、素晴らしいさらなる世界を作り上げて参ります。そんな世界の事を光で表しております。
紳士用品店
右手の手前 【紳士用品店】
弊社は、男性の皆様に、社会で戦う為の戦闘服として、紳士服(小物、スーツ、ワイシャツ)などをご用意させて頂く予定でございます。それらをご提供させて頂く、ブランド名は、「Gentry zoo(ジェントリー ズー)」です。それをお店として表しております。
証券会社
右の手前から2番目 【証券会社】
弊社がご提供を目指しているものの一つとして、金融商品がございます。やはり「お金」も大切なもの。これには、特に厳重な管理が必要となってきます。そして信頼できる所でないと預ける気になれません。そしてさらに重要なのが、いかにして楽しく、利回りを追求するか、です。弊社なりの金融商品(映画ファンド、アスリートファンド)などを通じて、皆様が心震えるような金融商品をご提供させて頂ければと存じております。
レストラン
右の手前から3番目 【レストラン】
リアルな店舗ではなく、通販として新しく展開をさせて頂いているブランド「九州純生屋」です。農産物が持つ素材の力に着目し、昔のようなパワフルな食材の力をそのまま お届けしたいと思っているお店です。
浪人(サムライ)
【浪人(サムライ)について】
弊社からご提供させて頂くものは、素晴らしく、今までにない感覚を受けて頂けると確信しております。すると、今までも同じようなモノがあったかもしれませんが、それをご経験されると、「えっ!!こんなモノがあったの?」とお客様は、驚かれるでしょう。 そうです、今までご経験された事がない事が、ギューッと詰まっているのが弊社、エモビーなのです。そんな状態からしたら、お客様は、浪人のような感覚になられるかもしれません。そんな意味での浪人(サムライ)という画をCGの中に取りこまさせて頂きました。

このように、TOP画像として使わさせて頂いているCG画像には、弊社が男性の皆様にご提供させて頂きたいサービス、モノ、そしてそれに対しての気持ちを込めさせていただいております。
今後は、少しづつ磨き上げて、もっとお客様にご興味をお持ちいただけるようなCGにしてまいります。
この度は、長文をお読み頂き、誠にありがとうございました。




トップページに戻る